読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界に恋をしたいから、

好きなものをゆるりと留めておくブログ。

7色こんぺいとう①―セトリで振り返るNEWS TOUR WHITE

 NEWSのツアー「White」が終わっちゃいました。さびしい。色とりどりの衣装と照明で飾られたコンサートで、まるでこんぺいとうの詰め合わせみたいだなって思ってました。かわいくてかっこよくて小さなキラキラが詰まったツアーをセトリを追って振り返ります。素敵な感想ブログや考察を読んではため息ついているし、なんなら6月19日付の「薔薇色の日々」*1松島聡くんがとても素敵な感想をたくさん書いてくれたのですでに満足してお腹いっぱい感はあるんですが、個人的な思いは書いておきたいな、と。

MR.WHITE

…あ、やっぱりね!っていうOP。曲の楽しさも勿論ですが、個人的に鉄格子がついたエレベーターから出てくる四人がとても強そうというか四天王感半端なくて好きでした。最初に出てくる増田さんの仁王立がまじ仁王様。あと手首に注力してるフリも好きです。

 

=====衣装替え① 白と三原色を基調にした幾何学模様?のポンチョ。これ三原色であることがわりとカギな気がする。これからたくさんの色を作っていくよ!って宣言なのかなって思った。

 

ONE -for the win- 

…毎回スーパー手越タイム*2で戸惑ってました。あそこのロングトーンどうすればいいのかよくわからない笑それはさておき、スーパー手越タイムからのアクセントダンスめっちゃよかった。昔の少クラで「シゲはどんどんぱっ!って言わないとアクセントダンスできない」と増田さんがタレ込んでたけど、そんなことなかったよ…!シゲのアクセントダンス綺麗だった。

 

3 恋のABO

…シゲのお尻もバーン!をいつやるんだいつやるんだと名古屋から思ってたら東京まで引っ張られた。焦らされた思い出。やっぱりこの曲はテンションあがるし、NEWS初めましての人も分かる曲だから三曲目で大正解!コヤテゴ劇場は年々すごくなるね…。うりゃほい!のところの腕のフリが楽しかったわー。後世に残るうりゃほいを考えたこやまPは本当に天才。ちゃらいの天才。←

 

NYARO 

…ハートを作るのもNYARO!のポーズもかわいいしかないんだけど、毎回サザエさんのEDみたいに増田さんが三人の先頭にたって四人でちまちま歩くところがとても好きだった。あと広島でお尻からこけた増田さんと、それを立ち上がらせてあげるシゲがとてもよかった。ますこや手つなぎは何パターンかあったのかな?ドーム初日のロイヤル感あふれるますこや手つなぎがとても好みでした。

 

=====挨拶&衣装替え② 豹柄セットアップ

…この衣装、SHOCKのヤラの豹柄衣装にしか見えなかったのは私だけですかね(特にシゲ)。初日はずっと頭の中でSHOCK上演されてた、笑い死ぬとこだった。増田さんに問い詰めたい。SHOCKにインスパイアされたのか問い詰めたい。

 

5 weeeek

…NEWSでこんな感じで中継入るのって「言いたいだけ」ぶり?カメラにタイトル書くのもとても面白かったのと、コンサート構成の接続詞的な役割になってたなぁという印象。広島初日で「いきまーす」でとちって反省ポーズをする増田さんとしょうがないなぁって顔で代わりに歌う小山さんがとてもよかった。もっと言うと広島二日目に増田さんが「いきまーす」できるか心配そうにガン見する手越さんがよかった笑

 

6  恋祭り

…名古屋初日では「え?今まだ寒いけど?!」って思ったのが懐かしい。LIVEコンからハピコンまでは割と季節感重視にしてたからここで季節感丸無視の選曲にびっくりしたけど、今回は色彩を軸にしたストーリー展開重視だから選ばれたんだろうね。恋祭り筋が痛くなったのと、最後タオル投げる時に増田さんが雑巾絞りみたいな動作でタオル捻って結んでたのに笑ったw

 

7 バタフライ

…これ生で聴けるのー!?ってなった曲。恋祭りのあとに入れると清涼感が増して曲の魅力がより良くわかると思いました。歌い出しのシゲはもちろん、全員の声がとても優しい。このあとの勿忘草の前の増田さんコメントでもあるけど「アルバムだけではなく、シングルのカップリングにも名曲がある」のは本当に恵まれているグループだと思う。あとハモリがとても厚い。4声かつジャニーズでここまで綺麗(偏見も含めw)なのは純粋にすばらしい。Top手越、2nd小山、3

rdシゲ、4th増田、で割ってるのかなー。手越はもともと声が目立つし、Topにしちゃったらもっと抜けて聞こえるだろうと思っていたんだけど、この曲では割と溶かせるように歌っていたのが感動した!4声アカペラやってほしい。がちのやつ。あと、もちろん増田さんのペンライト芸も楽しかったです!!*3あと、ここのペンライト芸は昔増田さんがPコンきたときの見事な煽りを思い出しました。このエピ大好きです。

 

8 フルスイング

…終盤の曲のイメージが強いこの曲を敢えて中盤に持ってきたのは「もはや贖罪・振り返りのコンサートではない」「四人として確立した姿」であることの証明かな。あとはこの後のソロコーナーとの物語の場面転換をはっきりさせるためかと。「White第3章 完」みたいなw

 

=====ソロ衣装:小山…赤のジャケットに黒のパンツ、ノーシャツ。

          シゲ…トルコ色のベルボーイ風ナポレオンジャケット。黒いベルボーイキャップ。これ赤と青の対比をコヤシゲでつくってたのかなー。衣装からみる構成分けを別記事で書くのでそこで言及したいなー。

 

ロメオ 2015 

…アルバムにこの曲が入るとわかったとき、とてもドキドキして不安でいっぱいでした。でもその不安なんて吹き飛ばすくらい、「俺だけのロメオ」を小山さんが作り上げてくれていました。初日こっそり泣きました。「ロメオ」をやっていた時はまだNEWS担じゃなかったくせにねwwwオーラスの日にもつぶやいたけど、この「ロメオ2015」が素晴らしかったからこそ、なおさら大元の「ロメオ」*4を今のりょうちゃんと小山のユニット曲で見てみたかったです。

10 ESCORT

…超シゲっぽい曲。シゲの曲は黒沢薫*5のソロ曲に似た、メロウなソウルナンバーというイメージがこのところ強いんですが、これもそんな感じだなーどういう演出にするのかなって思っていたら見事な物語仕立て。小山さんのソロ終わりで「ベルボーイとして」礼をつくして送り出し、自分のソロ終わりで「仕事が終わったベルボーイとして」アフターファイブ感あふれる顔でドアをしめていくという一連の流れがさすが作家だし、演じるなぁと思いました。あと、防振で見たらJr.が持っている雑誌の名前も見えたよ!そこまでこだわってあのラグジュアリーな空間を作っているのがさすがです。

 

====inter 1曲入る。BLACK JACKに似た曲調のもの。途中から三味線の音が入り、歌舞伎の見得のような首を動かす動きを挟んで、KAGUYAイントロへ。Jr.が黒マント+黒のこうもり傘で踊り、傘を開いたまま中央にあつまるとともにNEWS登場。傘を外すとKAGUYAが始まる。

====衣装③ KAGUYA衣装。スニーカーは④と同じ

 

11 KAGUYA

…Jr.の踊りの途中で三味線の音がしたあたりで予想はついてた、けどやっぱり興奮しました笑 イントロのますーシゲ、こやーテゴで別れて踊るところの顔だけモニターに抜かれるんだけど、そこの4人の目の強さがとてもかっこよくて好き。そういえば初日に手越の傘壊れたよね。何事もなかったように手越踊ってたけど。ShowMustGoOnじゃないのよさ。TegoMustGoOnってすると語感がとてもテゴマス。

 

====衣装④ ピンクのファージャンパー(とてももっさもっさしてたのが防振に切り替えたら見えました、あつそう)、下は黒のパンツ。ピンクのNIKEスニーカー

 

12 チャンカパーナ 

…中盤に持ってきたのが「らしい!」なと。「美しい恋にするよ~」のセリフのところはわざわざ専用のカメラマンさんを持ってきているのがよかったなぁと思うんだけど、あれカメラマンさん気まずくないの?私なら絶対照れるんだけど。増田さんが両手でほっぺたぷにぷにやっているのがとてもあざとかわいくてよかったです。狙ってたね(ほめてる)

13 WORLD QUEGT【R-midwest Remix】

…このリミックスとてもよかった!振り付けは原曲バージョンと大きく変わるわけじゃないんだけど、こちらのほうがフリが映える気がする。ここのスーパー手越タイムは2013年のハピコンでなれていたつもりだったけど、改めて聞くと「手越さん…!」ってなるやつ。あとラップの前に、増田さんが客席に向かって指先を伸ばすんだけど、そこから何か光発しているように見えた。増田ビーム的な。
 

14 さくらガール

…ピンクの衣装で、センターステージで、という演出がLIVEコンを彷彿とさせてイントロだけで泣きそうになっていたんですが、私が一番泣きそうだったのは原曲で増田さんと亮ちゃんがハモっていた一番のAメロ終わりのところ。6人時代、そこで増田さんと亮ちゃんは背中合わせになって歌うフリだったのですが、増田さん今回のツアーの前半は毎回その時と同じ感じでちょっと横向いてたんだよね……。

東京ではなおってたけど、名古屋仙台はがっつり横向いてて、広島はおっとって感じで正面に向き直ってた。シゲの>▽<こういう顔のピースも昔を思い出した。4人になってからの過去2回のさくらガールよりも切なくなってしまった。でも、歌が四人ともそれぞれ過去よりうまくなったせいか、ハモリの厚さがすばらしく綺麗でうれしかったです:)

 

15 Weather NEWS 

…超楽しかったしかない!増田さんとJr.の絡みが毎回楽しみだったんだけど、一番楽しかったのは広島初日かな…。

かわいすぎか。そして千田くん大丈夫だったかなって今でも思っている。

あと、みんなが「WetherのWじゃなくてNEWSのWかよ……」ってつぶやいているWのサインですが、私には3ピース*6にしか見えませんでした……。絶対増田さんもそう思ってるでしょ、ねぇねぇねぇ…

 

   ====MCはここでは割愛。前半はオチがとにかくスリッパだったね……。そして広島でドームはふざけられないって言ってたけどドームでも超くだらない(けど笑える)話してたね……。ハンコのますだもソファーのしげも大好きです。

 

16 勿忘草

…これ生で聞けるの?!曲第二弾。増田さんが「今回アルバムをひっさげてツアーをやっているけど、シングルのカップリングにもいい曲はあって……」と選曲意図を説明してくれてから歌い出されることと、次がテゴソロの関係もあるけど1フレーズ歌って、ひとりひとりはけていく演出がこの曲の切なさと美しさに似合っていてとてもよかった。小山さんが目を閉じて歌うことがこの曲は多かったんだけど、とても綺麗な表情でした。

 

====ソロ衣装: 手越…白ジャケット白シャツ白パンツ。         

          増田…グレーのポンチョ、黒タンク(大阪以降?)、黒パンツ

17 あなた

…全身白の衣装に白のグランドピアノで歌うとか手越のセルフプロデュース力の高さに拍手!弾き語りもだんだんとうまくなっていって惚れ惚れしました。あとはやっぱり仙台での音響トラブルの時の切り替えの速さな。

18 Skye Beautiful 

…初日に「やばい、はらむ、増田さんえろい、かっこいい」としか言えなくって、隣の友達に本気で心配されたのもいい思い出です。今までの増田さんソロ(テゴマスでのもの除く)は、Jr.をつけてがっつり踊るものが多かったと思います。まぁ増田さんが「ソロではがっつり踊る姿を見せたい」って何回も言っているのでそりゃそうなんですが、今回はJr.つけずに一人で出てきたのが意外でした。マイクを置いて踊るところもとてもかっこよかったし、増田さんの声と、増田さんが得意で自分でも好きであろう重心低めのダンスが堪能できてよかった。そして、なぜ一人で、マイクと体で勝負したのかについては次のように考えています。

 

…でも「Beautiful!」のところが音源流れるだけで生声聞けなかったのは一生しょんぼりする案件です。拝啓、増田貴久さま。この曲の時ヘッドマイクつけてください、厳しいのはわかっているけど次回があるのであればご検討ください。

19 Black Jack -Inter- 

====衣装⑤:黒ジャケット、白シャツ、黒パンツ。
増田のみ黒ネクタイ。腕章は増田加藤?

…KAGUYA前のインターと対になる感じ。モニターにWebBlackが登場する演出もよかった。

20 BYAKUYA

…サイドから見るとなんのこっちゃ、なセンター重視モニター重視の演出がちょっと残念だったけど、それ以外は本当に好き!なダンスと演出。大サビ前の「BYAKUYAーAh」のコーラスのところで上段ステージに上がっていく4人がとても強そうです。あと、最後に下げられていた黒布を取り払って振り返る時の表情がとても大人の男の色気でドキドキした。あとドームでの増田さんのハットとサングラスは犯罪級のかっこよさです。小山さんはサングラスいつもかけてるやつだったのかな、形変えて欲しかった。あ、広島で増田さんが布を頭からおもいっきりかぶってたのは忘れてないよ♥Twitterでは演出バレになるからつぶやかなかったけど、拡散したいくらいまぬけかわいいやつだったよ♥

21 supersonic

…今回のツアーの中で一番好きな演出かもしれない。 モノクロのモニターも、フリつけも本当に好きなのでBD出たらここだけリピること間違いない。BYAKUYAの時からシゲが前髪あげてる(ちょっと前の亮ちゃんみたいな斜め上に前髪あげるヘアアレンジ)んだけど、この曲がそのアレンジだと映える映える!Aメロのところで、バッとセンターに集まって、バッと離れるところとかがとてもおしゃれでした。かっこいいしか言えない。

22 SNOW EXPRESS

…イントロで泣いた。本当に泣いた。まさか聞けるなんて思ってなかった。ドームで流れた雪景色のCG映像、多分DIAMONDコンのものと同じだと思うんだけど、それにもグッときた。一番ぐっときたのは山下くんのラップのところ。増田さんが歌いだして、シゲが重ねて、手越さんのフェイクが入って、小山さんが歌って、最後の「Amaizing Kiss」を呟くようにシゲが歌って、「おめざめ」を吐息混じりの増田さんが目を閉じて歌う。
完璧かよ。 
ラップのところ、山下くんが歌詞を書いていたはずだからもう無理なのかなってずっと思っていたんですが、こんな素敵な歌割りで残してもらえたので私としては大満足です。

23 Winter Moon

…そして私をさらに泣かせる流れ。イントロでさらにうわーんって泣いて、結局オーラスまで毎回めそめそしていました。NEWSのカップリングの中で一番好きで思い入れもある曲です。何回も6人で踊っている姿を妄想していた曲でした笑。今回照明の使い方が本当にいいなぁと思っていたんだけど、この曲のピンスポの使い方が曲名通り「真冬の満月」的なまっしろの光で綺麗で好きでした。
振り付けとかぐるぐる回るところとかもよかったんだけど、大サビのあとが踊らずに移動タイムになっちゃったのがとても残念。次の演出の都合もあるんだろうけど…名古屋は踊ってたよね??たまにシゲだけ腕動かしてたけど、ここは最後までセンステできっちり踊りきって、暗転で締めたほうがいい曲だと思っていました。あと腕の高さが人によって違ってたので揃えて欲しい。炭坑節くらいの腕の高さが正解なのか、
花笠音頭くらいの高さが正解なのかわからなかった…。 
=======TeamWhiteムービーが入る。WebBLACKが表れた設定のもと、
ゲームムービー調ですすむ。★は観客に参加を求めたもの。太鼓の達人風の画面でタイミングを合わせる。
手越:クラップで倒す★(手越本人はパンチ) シゲ:足踏みで倒す★(シゲがマリオのブロックのようなものの上で足踏みしている。) 小山:WebBLACKに気付かない→ウィンクと投げチューを観客に→チャンカパーナポーズをする→逃げる 増田:WebBLACKが風に弱いことに気付き、うちわであおいで倒す★(戦いの途中に汗をかいた暑がり増田がうちわであおいだらWebBLACKが弱体化した)
WebBLACKを倒しきったと思っていたNEWSだが、実は倒せておらず、強力化したものが現れる。画面に「ToNorth ToEAST GoWEST GoSOUTH」の文字が出てきて、観客の声を求める。→NEWSニッポンへ。
…この演出とてもよかった。NEWSニッポンへのつなぎのロゴがカラフルなのも色を軸にした世界観の現れだなって思ってました。
====衣装⑥:タータンチェックのベスト、ジャケット、同色の腰巻ストール、シャツは白

24 NEWSニッポン

…いっきに色が弾けるNEWSの世界!新しい世界の誕生感が半端ない。わー!って盛り上がった。デビュー曲ってどのグループもほぼほぼ必ず歌うけど、今回のこの流れでデビュー曲をぶちこんできたのが最高。ファンサコーナーではあったけど、Jr.はもちろんメンバーもお客さんもフリをやっていたのが楽しかった。センターステージにいるJr.がみんないいお顔で踊っていたのが嬉しかったです。
 

25 希望 ~Yell~ 

…NEWSニッポン同様、トロッコで回るメンバーの顔が優しくていいなって思ったのと、この曲の背中に腰をあてて踊るところがとても好きなんだけど、増田さんとシゲがトロッコでもそれやってた日があってきゅんとしました。こういうふうにみんなで盛り上がれる曲、昔からの曲があるのってとても素晴らしいことだと思う。

26 サヤエンドウ 

…しげコールできたの楽しかったー!嬉しかったー!あと最後の風を切るような振り付けがとても好きなんだけど、小山さんが「みんなもやって!」って誘ってくれたの嬉しかったのと、ここのフリは4人横並びで見られたのがわたし的に評価高い。

 

27 ポコポンペコーリャ

…クラップからのアカペラポコポン!仙台のときにクラップのリズムがずれないようにシゲがボイパのハイハット*7でリードしてくれたのが印象的でした。シゲのハイハット、軽めのシャリシャリした感じのハイハットでした。モニターのWhiteくん(仮)が踊ってるからサビ踊っていいのかなっていっつもとまどってた笑。個人的にはこの曲は踊りたい人です^^
 

28 4+FAN

…「まだまだクラップするぞー!」って小山さんのおたけびから始まる4+FAN最高すぎた!ポコポン終わったし持とうかなって思ったうちわもタオルもすべて置いて全力でクラップするしかない。増田さんの大好きな「今ここにあるファンタスティックな愛見えんだろ!」も観客をきっちり一周指差してくれて満足です!
 

29 Fighting Man(~大阪?)

…仙台から空いて広島きたらなくなっててびっくりした。でもない方が全体の流れとして綺麗なのは否めない(4+FANとセブカラのテンポが同じなのに間にこれはさむとちょっと止まっちゃう気がしてた)ので納得のカット。仙台のこの曲の時にこやますががっつり肩を組んだのが男の子って感じでかわいかったです。
 

30 SEVEN COLORS (ジャケットOFF、Jr.はそれまでの白衣装に色襟つける)

…「最後の曲です、セブンカラーズ!」っていう小山さんの曲紹介の清々しさがこのツアーが綺麗にまとまっているのを表していると思う。Whiteと名付けられたツアーの最後はカラフルな世界を見せてくれるNEWSの力強さ。サビが「Black,White」から始まるあたり、最初と最後の曲を先に決めたのかなって思うのと、「Mr.White」はこの「セブカラ」在りき、ないしは「セブカラ」が「Mr.White」在りきの曲なんじゃないかなと思いました。だってどちらも作詞作曲TAKA3さんだよね。これについては別エントリで詳しく書きますー。

アンコール

    =====中継。一人ずつカメラに文字を書いていくNEWS.ヒキの映像になるとその文字がLOVEだとわかる。ヒゲダンス風のフリやら腰振りやらを見せてはけていく。 
    =====衣装⑦:ツアーTシャツ+衣装⑥のパンツと腰ストール。手越ツアーTのバッグロゴピンクのラインストーン加工(東京のみ?)

31 White Love Story 

…中継で書いたLOVEの文字を「White」「Story」のテロップではさみ、ティンカーベルのようなキラキラが流れてイントロが始まるきゅんとする演出がたまらなかった!毎回メンステの階段に四人で並んで座るのも可愛かったし、日によって小山さんとしげの間に割り込んだり、小山さんに腰掛ける増田さんがおもしろかった…。そしてみんなで顔を寄せ合って歌っているのが幸せそのものだった……。

32 渚のお姉サマー

…盛り上がるしかない曲。アリーナの時はファンサ曲になっていたんだけど、この時に手越さんに見せつけられたドヤ顔が忘れられません。

ドームではセンステの円に並んで足ぶらぶらさせてたのが可愛かったのと、ここでのJr.紹介がNEWSみんなJr.を尊重して、指差ししたり盛り上げたりしていて素敵だったのと、紹介係のますしげの気を遣いっぷりがすごかった!

あ、ちなみにまどめどは歌舞伎の関係でドームだけだったんだと思うけど、踊り込み方と馴染み方がさすがのまどめどでした。のぶきが楽しそうにジャンプしてたのうれしかったなー!

33 愛言葉

… リフターにあがって歌い上げる愛言葉には、やさしい暖色系の照明がとても似合っててよかったです。モニターにうつる顔がみんな、10周年の時とは違う、安心した暖かい笑顔になっていてもう大丈夫だね、って私もほっとした。

Wアンコール

34 NYARO 

…地方は基本2日目ないし最終公演のみWアンコ有りでNYARO固定だったのかな。すっごい走ってたね、メンバー。よく体力あるな…。楽しかったよー!
 

Wアンコール東京版


====ツアーキャラによるNEWSコール、クラップをあおるムービー有。キャラの背景はチュムチュムロゴをモザイク加工したもの。BGMはMr.Whiteのリミックス
====衣装⑧:チュムチュム衣装。Jr.は金色のターバン風ハットにオレンジのシャツ、茶色のサルエル

 

34 チュムチュム

…ここで披露かよ!と思ったチュムチュム。LIVEコンでFightingMan歌ったときはMCから「発売日亮ちゃんの誕生日なんだから亮ちゃんが紹介しなよ」「いやや!」って可愛いやりとりがあったのを覚えてたからMCあとにくるかなーと思っていたんだけど、今回の構成にこめストーリー性を壊さないためにはここだよね!って納得。正直、割とイロモノ系な曲をシングルA面に持ってくるのか、また…と思っていたんだけど、サビあとのどすこいジャンプがとてもかっこよくてなんなら草原見えたからよし!
 

35 NYARO

…ドーム初日に、「やりたいの?!」って小山さんがあおってきたときにとても戸惑ったのは内緒です。アリーナ同様走ってお客さんのところを回るNEWSが楽しそうでなによりでした:)

 

というわけでとても長くなったんですが、セトリを追っての感想でした。ちょこちょこ気になるところはあったし、初日に言ってた「公開リハーサル」「明日からは完璧に」とか、歌詞間違いとかは思い出してもいらっとするんだけど、そういうところさっぴいても「綺麗にまとまった」「よくできた」コンサートだったなと思います。今までの過去を振り返るもの、過去を思わせるものじゃなくて今と未来のNEWSを見せてくれるコンサートでした。楽しすぎたから早くBD出て欲しいし、なによりMCが本当におもしろかったから、MC全公演分いれて欲しい!

もうちょっとしたら衣装チェンジから見たこのツアーのストーリー性について深読みしたこととか、どこが評価ポイントなのかを書こうと思いますー。深読みできるコンサート大好きw 

*1:J-Web内SexyZoneメンバーブログ

*2:手越さんのロングトーンのことを仲間内でこう呼ぶ。

*3:このペンライト芸、カウコンのジェロマに感化されてたらどうしようと思うキンキとの兼オタ

*4:錦戸亮小山慶一郎のユニット曲。2006年冬・春のコンサートで披露。活動休止の云々もあって未収録

*5:ゴスペラーズ。よく真ん中で歌っている小さい人。カレーで有名。

*6:香取慎吾主演「人にやさしく」で出てきたポーズ

*7:ツッっという音。歯の裏を弾くとなります