読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界に恋をしたいから、

好きなものをゆるりと留めておくブログ。

7色こんぺいとう②―衣装で見るNEWS TOUR2015 WHITE

NEWSのツアーを曲ごとに振り返っただけじゃなくて、個人的に深読みした話もしておきたいなとおもったので、書いておきます。ほぼほぼ衣装を軸にツアーを深読みしたって話です。って書き始めて一ヶ月近く経ってしまいました。ツアーレポ周りのいろんな雑誌等が出てますが、そういうものを度外視して超深読みです。

 

①衣装チェンジで見るツアーコンセプト

今回のツアーはツアー名にもなっているアルバム「WHITE」をひっさげてのもの。なので、ところどころアルバム特典ムービー*1のストーリーが下敷きになっていました。

ただ、個人的に今回のツアーは「WHITE」ありき、ではなくてその前に出たシングル「SEVEN COLORS」ありきなのでは?と振り返って見て思います。7回*2の衣装チェンジを軸に起承転結というか物語の段落構成のように公演が進んでいったのですが、「転」にあたる部分が「SEVEN COLORS」がある6回目の衣装チェンジのパートだと感じたからです。

じゃぁ、どう変わったのか。大まかに言うと私の考えとしては次の通りです。

  • ①OP:Mr,WHITE衣装…白の世界。物語(TeamWhiteとしてみんなでWebBlackを倒す)への導入。
  • ②ONE~NYARO:3原色と白が貴重のポンチョ衣装…3原色を軸に白以外の色で世界感を創出する。
  • ③weeeek~ABO:豹柄セットアップ…色だけではなく柄で2で創出しはじめた世界にアクセントをつける。
  • ④KAGUYA:KAGUYA PV衣装…黒と赤の世界。白と対立する黒をメインにして赤はあくまで差し色とし、1~3で礎を作った世界に一石を投じる
  • チャンカパーナ~勿忘草:ピンクのファージャンパー…4で差し色にした赤とそもそものテーマカラーであるピンクを打ち出すことで黒に対抗しようとする。
  • ⑥BYAKUYA~WinterMoon:黒ジャケット白シャツ黒パンツ…白からとって変わろうとする黒の世界。ピンクの対抗簡単に敗れる。なんなら黒革命
  • ⑦NEWSニッポン~SEVEN COLORS:メンバーカラーを基調にした色違いのタータンチェックのジャケット、ベスト、腰ストール…6の黒革命からのビッグバン。WebBlackが倒されたことで白、黒の二項対立が崩壊して物語中の多種多様性を色で表現する。
結 
  • ⑧WhiteLoveStory~愛言葉:ツアーT:多種多様性すら包む白の登場。1~7の二項対立や多種多様性をすべて包括し、物語を永続性を持って終焉に導く。

 

……自分でも何言ってるのかよくわからないんですが、要は白の世界から3原色の登場により白に対立する黒が生まれ、革命おこされるんだけど、ビッグバンで色の多様性が需要されて、最後はまた白に戻っていく。ってことです。「起」~「承」で原色ないしほぼ同系統の色ばかりをつかっていたのが、黒の革命から生じたビッグバンで中間色も交えたカラフルな世界に導いている、そんなイメージで起承転結分けています。承に場面をたくさんぶちこんでいるのは、中間色を最後にふんだんにつかってカラフルにするための伏線をたくさん貼っているからかな。

細かく場面わけすると8場面*3。このことをふと考えたのは「Mr.WHITE」と「SEVEN COLORS」の作詞家さんが同じ方だって気づいたのがきっかけです。

もしかしたら「SEVEN COLORS」ができた時には「Mr.WHITE」はもうできていたのでは?とまで思いました。初めて聞いたとき、「7色」って言われてんのに「BLACK WHITE」でサビが始まるとは思いませんでしたもん(笑)最初から対になるように作られていたのかな、というかツアーの構成まで想定されていたのでは?と思います。

それくらい「白ではじまって、黒と白を含めた7色で本編を締める(+再び白を出して物語の永続性を演出する)」という流れが綺麗。そしてとても物語的です。ちょっとコンサートとしては場面展開とつなぎが多すぎて戸惑うところもあったのですが、これはこれで物語だ!って深読みすると面白かった。ベースにされてると思っているアルバム特典の脚本がシゲだから物語的だなって余計に思うだけかもしれないけど。

 

②ソロコーナーの意味合いと色合い

小山⇒シゲ、手越⇒増田、というシンメ(という概念が今のNEWSにあるのかはさておき)同士の組み合わせで投入されたソロコーナー。本編と直接関係ないとは思うんですが、このソロコーナー自体に色を対にする演出がしこまれていたのではないかと思います。

  • 「ロメオ2015」:「ESCORT」…赤対青

 …おおもとの「ロメオ」自体、青の錦戸対赤の小山で分けられていたのですが、今回小山ひとりで「ロメオ」を歌うことで、原曲の青対赤はライトと小山のアクセサリー*4に残されただけで、メインとなる小山自体は赤系の衣装でした。その小山のソロ終わりに水色の衣装で登場するシゲ。ソロコンセプトを切り替える装置として「シゲがドアを閉めて小山の世界を終わらせる」ように見える演出もすばらしかったのですが、ジャニーズが割と好きな(笑)赤と青の対比構造をソロコーナーの衣装を通じて見せたかったのかなと思います。だってシゲの衣装なんで青なんだろうって思ったらそれしか考えられなかった……ベルボーイで青ってなかなかないよね……それがステージ衣装だったとしても。いや、似合ってたしかわいいからいいか。

  • 「あなた」:「Skye Beautiful」…白対黒

…全身白で登場し、白く輝くピンスポを浴びて白のグランドピアノで弾き語る手越に対して、グレーと黒の衣装に、モノクロの映像を背負って踊る増田さんのコントラストといったらたまらなかったです。このはっきりとした違いに、普段「テゴマス」として活動し、セット視されがちな2人の「セットではない、個なのである」という主張が見られた気がします。「わたしを束ねないで」じゃないけど、「テゴマス」でくくられた個々でも、「NEWS」でくくられた個々でもないそれぞれの個性の主張のパートだな、と。小山ソロ、シゲソロのような物語の連鎖性がないところが却ってすがすがしくてよかったです。連鎖性があるものはテゴマスコンで作れるとか思ってたのかな。でもテゴマスコンは「まほう」以降ソロやってないよね。

 

③中継カメラによる曲紹介

WeeeekとWhiteLoveStoryはカメラに白いペンで曲名を書く、という演出が組み込まれていました。*5Weeeekは衣装チェンジのタイミングとかもあるんだろうけど、WhiteLoveStoryは物語の「転」を「結」に持っていくための大事な接続詞的な役割があのカメラに仕込まれていたのでは、と思います。それまでのデコラティブな衣装ではなく、シンプルな白と紺のツアーTで出てくるところが、永遠の愛という単純明快かつ至高のテーマを歌うのに適しているのかもしれない。飾り立てることはいらない、永遠の愛を誓うだけなんだから、っていうハッピーエンドへの彼らなりの(ないし、衣装と物語をプロデュースしたますしげの)主張でしょうか。

Weeeekはなんだろ……。しいて言えば、「承」の始まりの曲として、1週間=7日=7日7様の色がある、というセブカラまでの最初の伏線が仕込まれたのかな。深読みしすぎかな。

 

④MCが長い

ここは衣装関係ないんですがw今回、異様にMCが長かった気がします。私割とメモを取らない(話に集中したいしそもそもメモを取るのがニガテ。ノートもできるならとりたくない学生時代を送ってました)ので、その分印象に残ったこと、忘れたくないことを覚えているうちにツイッターに落として自分の記憶をとどめておくことが多いです。しかし、今回本当に話がごっちゃで覚えられなかった笑!ので、ドームだけメモをとりました。深い意図はないんだろうけど、物語性を強くしたコンサートだと①②で述べたように感じたので、そことの差別化として、日常的な話を存分にしようとしていたのかなと思います。あと、2012年、2013年のツアーと違い「新生NEWS」としての出直しの意味合いがあるツアーではなかったので楽しい話たくさんしたかった(できたし、ファンもその心づもりだった)のも大きいでしょうね。

あえて衣装の話をするのなら、ここそれまできてたピンクのファージャンパー脱ぎますよね。暑いから当たり前っちゃぁ当たり前なんですが。そうするとほぼほぼ黒か白の衣装になる。テゴマスソロ~WinterMoonまでの世界感の予告のようですね、今思うと。

 

いろんなジャニーズのコンサートに行っているほうだと思うのですが、単純な演出というよりも、コンサート構成のファクターとして衣装を使っているのでは、と思わせるくらい今回の衣装チェンジはコンサートの流れとリンクしていたな、と思います。

どこまでがどうリンクしているのか、していないのか、教えて欲しいような欲しくないような気持ちでいっぱいです。でもやっぱり気になるので会報あたりでいつかしてくださいw

 

このように、語っても語り尽くせない構成をしかけてきたNEWSの今後がいろんな意味で楽しみです。もちろん構成が複雑な分、ヌケがあったところもあるし、絶対評価しきれない方もいらっしゃるとは思うんですが……私としては今回のツアーは今のNEWSが個々の特性を生かして作り上げたものとしては、とても良いツアーだったと思っています。

 

あ、あとJEさん各地のMCも入れたBDの発売本当に待ってます、なる速で!!!*6

  

*1:加藤シゲアキ脚本・増田貴久衣装というセルフプロデュース色が割と強い

*2:ソロ除く

*3:7色って言ってるんだけど…

*4:赤と青のビーズネックレス

*5:振り付けのair:manさんのアイデア。ジョンZOOMより

*6:ちなみにNEWSでのツアー⇒DVD発売までの最速はLIVEコンの9月千秋楽、12月末発売